読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオ五輪最終予選 イラン戦プレビュー ~ユース出身が持ち合わせないと言われる勝負強さを彼らは持ち合わせているか~

今日22日 日本時間22時30分リオデジャネイロオリンピックアジア最終予選を兼サッカー U23(23歳以下)アジア選手権の準々決勝 日本対イランが行われる。

 

決勝トーナメント組み合わせ

<ブロック1>(日本時間 22日25時30分)
カタール A組1位
北朝鮮  B組2位
 
<ブロック2>(23日22時30分)
韓国   C組1位
ヨルダン D組2位
 
<ブロック3>(22日22時30分)
日本   B組1位
イラン  A組2位
 
<ブロック4>(23日25時30分)
UAE   D組1位
イラク  C組2位
 
26日にブロック1と2の勝者および3と4の勝者による準決勝。
29日に3位決定戦、30日に決勝が行われる。今大会の3位までがオリンピック出場権を獲得する。

  

グループリーグ三試合の出場状況 

北朝鮮戦 2-0(得点・5 植田、30 大島)
 
4-4-2(ダブルボランチ
 
FW 久保(89 豊川)、鈴木
 
MF 中島、大島(77 原川)、遠藤、南野(62 矢島)
 
DF 山中、植田、岩波、室屋
 
GK 櫛引  
 
タイ戦 4-0(得点・27 鈴木、49 矢島、75 久保、84 久保)
 
4-4-2(ダブルボランチ
 
FW 浅野(71 久保)、鈴木(45 オナイウ)
 
MF 豊川、原川、遠藤、矢島(78 南野)
 
DF 亀川、奈良、岩波、室屋
 
GK 櫛引
 
サウジ戦 2-1(得点・31 大島、53 井手口)
 
4-3-3(アンカー1(三竿)、インサイド2)
 
FW 中島、オナイウ(85 久保)、南野
 
MF 井手口、三竿(66 浅野)、大島
 
DF 山中、植田、奈良、山中、松原(68 亀川)
 
GK 杉本
 
19日のサウジ戦から中2日、負ければオリンピックへの道が閉ざされる一発勝負。手倉森監督が考えるベストメンバーにより臨むこととなるだろう。

 

 

22日 イラン戦の予想スタメン

鈴木の怪我は気になるが、サウジ戦でいまいち噛み合わなかった4–3–3ではなく、初戦の北朝鮮戦と同じ4–4–2で臨むこととなるだろう。ゴールが奪えず焦りの見える南野ではなく、矢島がスタメンとなることも考えられる。浅野、南野がベンチに控えるとなれば相手には驚異。
 
 
FW  久保  鈴木
MF  中島  大島  遠藤  南野
DF  山中  植田  岩波  室屋
GK  櫛引
 
展開的にはサウジ戦と大きな差はなく、日本が支配し、イランが放り込む様な展開が予想される中東の笛を考えれば早い段階でゴールを奪い2点差を常に維持したい。
相手がある程度引いてくる展開で、キーとなるのは山中のセットプレー。鋭いキックは世界レベル、あとは植田、鈴木がゴールを決められるか。
 
これに勝てば、翌日に行われるUAEとイラク戦の勝者と26日(火)に今大会の決勝進出、すなわちオリンピック出場をかけ戦うこととなる。